筋ジスとふつうのはざまで

顔面肩甲上腕型筋ジストロフィー。 現在も進行中。 筋ジスと闘いながら現役のサラリーマンを続けています。

障害を負っても無理なく働ける道を模索・実践しています。

ご助言、ご質問等ございましたら、お気軽に下段からコメントをください。
情報は公開されることはありませんので、メールアドレスもお送りいただければ後日返信いたします。
※コメントは非公開ですのでご安心ください。

よろしくお願いします m(_ _)m

働く

GWが明けてもテレワークが解除されないわが社。
政府の非常事態宣言は継続することになり、大口の取引先も輪番休業を継続するから仕方がない。

一見、感染予防を重視しているすばらしい企業のようだが、内情は穏やかではない。

会社の収益や資金はともかくとして、製造現場から不平不満が出ている。


続きを読む

3月までは通常通り受注が入っていたため、新型コロナの影響も限定的との見方をしていたが、
4月に入り状況が一変した。

政府の緊急事態宣言や首都圏の外出禁止措置により、不透明だった自粛モードに一石を投じたのだろう。
取引先も一斉に輪番休業を実施し始めた。

当社のような下請け企業は、取引先の動向次第で方針を変えていかなければ生き残れない。

続きを読む

お金で「やる気スイッチ」は入るのか?

とあるセミナーに参加したときの講師と生徒のやり取り

講師「どうしたら部下のやる気を高めることができますか?」と質問。

生徒といってもオッサンだが、答えは単純明快「結局はお金ですよ」


続きを読む

忘年会。
もうこの時期がきてしまった。

毎年事務方が会場を手配しているが、今年は他部門の新入社員が幹事を担当することになった。

私は筋ジス。
立ち上がるのに苦労するお座敷は大の苦手。

新入社員が担当すると聞いたとき、お座敷のお店になる予感がしたため、事前に椅子席のあるお店にしてほしい要望を出しておいた。

だがしかし・・・

続きを読む

前回の続き

買って2年も経っていない何千万円もする設備に新型機が発売された。
性能が大幅にアップしているため、営業や製造側は買い替えたい。
しかし、管理部門、とりわけ会社の財政部門は大反対。

私はその部門の管理者であるため、本来であれば反対する側の人間だ。

しかし、会社を取り巻く市況、外部環境を考えると、余力があるうちに未来へつながる投資は積極的にするべきである、と考えている。続きを読む

↑このページのトップヘ