筋ジスとふつうのはざまで

顔面肩甲上腕型筋ジストロフィー。 現在も進行中。 筋ジスと闘いながら現役のサラリーマンを続けています。

障害を負っても無理なく働ける道を模索・実践しています。

ご助言、ご質問等ございましたら、お気軽に下段からコメントをください。
情報は公開されることはありませんので、メールアドレスもお送りいただければ後日返信いたします。
※コメントは非公開ですのでご安心ください。

よろしくお願いします m(_ _)m

保障・備え

以前ブログでお話ししましたが、電動車椅子の購入資金を貯める目的で株やFXの取引きを始めましたが、やっと資金の目途が付いたので最近は電動車椅子選びに勤しんでおりました。

今のところ、無理をすれば1Km程度なら歩行可能なので、軽量で折りたたみして車に積めるものであれば十分だと考えていました。
続きを読む

熱くなってスイスフランに手を出してロスカットを喰らったことがある。

最大レバレッジ300倍ができた時代。

時には1週間で当時の年収半分レベルを稼ぐ時だってあった。

円高市場の民主党政権下、損切りしないショートポジションをとれば面白いように勝てた。

それを繰り返した結果、勝つことが当たり前のような感覚が私を支配していった。

そして慢心極まり、仕事でミスして上司に怒られても、逆ギレするくらい人格が歪んでいた。

「億稼ぐのは時間の問題」なんてアホな発想をしており、独身だった私は自由気ままだった。

もちろん、筋ジストロフィーのことなんて存在すら知らなかった。

続きを読む

老後は2000万円必要・・・
何かと耳にする話題。

このためか、資産運用の相談件数が急増していると取引銀行の担当者は言う。
老若男女、誰しもが将来に不安を感ている。

私だってそうだ。
家族を養い、筋ジスととも将来に備えなければならない。

続きを読む

ズーラシアで車いすデビューして以来、家族の将来について考える時間がとても増えた。

ほんの数年前まで小走り程度なら走れたが、今はゆっくり歩くのすら疲れるし、転倒するリスクもある。
病状は確実に進行している。

働けなくなったら、家族の生活はどうなる?
住宅ローンは?
子どもの教育費は?
家族が病気になったら治療費は?

続きを読む

↑このページのトップヘ