筋ジスとふつうのはざまで

顔面肩甲上腕型筋ジストロフィー。 現在も進行中。 筋ジスと闘いながら現役のサラリーマンを続けています。

障害を負っても無理なく働ける道を模索・実践しています。

ご助言、ご質問等ございましたら、お気軽に下段からコメントをください。
情報は公開されることはありませんので、メールアドレスもお送りいただければ後日返信いたします。
※コメントは非公開ですのでご安心ください。

よろしくお願いします m(_ _)m

日常

朝起きても夢をはっきりと覚えていることはあまりない。
印象に残る夢以外は。
子供のころ、夢の中で朝、目を覚ましてカーテンを開けた途端、窓から髪の長い女性のオバケが出てきた、などインパクトのある夢は今でもはっきり覚えている。

続きを読む

私「ちょっと熱っぽいなー。風邪ひいたかもしれない」
同僚「早退した方がいいのでは?今日は会議も来客の予定もないし。」

というわけでその日の仕事は午前中で切り上げ、早退させてもらった。

車での帰路の途中、なぜか無性にコーラが飲みたくなり、自宅近くの自動販売機に立ち寄った。続きを読む

年末年始で急増した体重約8キロ。
3ヶ月のダイエットの甲斐もあり、やっともとの体重まで減量できた。

筋ジスだから、増加した体重をそのままにしておけば足腰に負担がかかって病気の進行を早める可能性が高い。
しかしダイエットに効果的な運動は、筋肉に負荷をかけるため筋ジスの私にとっては難しい。
いったいどうすりゃいいねん!?続きを読む

風が強くなってきた。
もうすぐ春。
筋ジスの私にとって春一番の突風は雪道と同様に警戒すべき危険のひとつ。
強い風は侮れない。続きを読む

昨年末から体重が増加し、仕事始めの頃には8キロほど重くなってしまった。
背中、腹周りから下半身にかけて余計な脂肪がついたのだ。

もともと太る体質ではなく、また、今まで急激にこれほどまでの体重増加を経験したことがなかったので、太ったことに気が付く前は、その動きにくさから筋ジスが急激に進行したのではないか?とさえ思うほどに身体への影響がハッキリと感じられた。

続きを読む

↑このページのトップヘ