春の風は強い。
強風には注意すべきことを頭の中では理解しているが、家族と遊びに出かけるときはついつい油断してしまう。
先日も妻から、風が強いから公園はやめた方がいい、と言われていたにも関わらず、
「このくらい大丈夫。最近調子良いし」

不安そうな顔している妻。
外出を楽しみにしている子どもの顔。

それに対し、パパとして、夫として、普通を装いたい私。。。

車を走らせ郊外の新しい公園に到着。
外では風がビュービュー吹いている。。。
初めて来た新しい公園に子どもたちははしゃいでいる。

妻「風強いよ。危ないから帰ろうよ」
私「このくらいの風ならへーきへーき。子どもたちも喜んでるし、今更帰れないよ」

車から降り、遊具へ向かって走る子どもの後をゆっくりと転ばないように、慎重に歩く。
が、時折吹く突風にバランスを崩しかけた。
「この程度の突風に恐怖すら感じるよ。去年は大丈夫だったのに」
と傍らにいる妻に話しかけたとき、斜め後ろから強烈な突風に突かれた。

不意打ち。

踏ん張ろうと右足を斜め前に踏み込むが、砂交じりの滑りやすい大理石風のタイルだったため、ズルッと滑ってしまった。
突風の不意打ちと滑りやすいタイルのコンボ技。

さすがにこれには筋ジスの私では抗うことはできない。

足を広げながら仰向きに倒れ込んでしまった。

幸いなことに転倒した先が草むらだったため、ケガはなかった。

「チクショー!出オチかよ!来たばかりなのに!」

妻に起こしてもらい、近くのベンチに腰掛ける。

結局、そのベンチから動けず、遠くから子どもたちを見守ることになった。


実感がなくても、1年前より筋力は落ちている。
体調が良いからといって、
普通のパパとして装いたいからといって、

油断することが無い様、自分にしっかり言い聞かせた。

それにしても、妻には心配ばかりかけてすまない気持ちでいっぱいだ。