先日、専門家に頼らず、独力で障害者手帳と年金を申請してきた。
手帳の申請はそれほど難しかった印象はないが、障害年金については整合性に注意を払わなければならない。

就労状況等申立書と診断書との整合性

私の場合、現在も就労しているため、申立書に状況を記載しなければならない。
働きながら年金を受けたいので、なるべく丁寧に説明していくが、診断書の内容と異ならないよう注意しながら申立書を作成する必要がある。
申請手続きの中で最も気を使った部分がここ。

その他、申請でいくつか苦労した部分はあったが、今この時点で注意点などを解説しても何の説得力もない。

年金については審査に1カ月~3カ月くらい時間を要すとのこと。

もしも年金受給の承認を受けることができた場合、具体的な申立書の書き方や医師に出した意見書など、独自に工夫したところを詳しく紹介していきたい。