仕事から帰ると玄関先が騒がしくなる。
「パパお帰り!」
いつも子供たちがお出迎えしてくれる。
その笑顔を見ると仕事の嫌なことも疲れたことも吹っ飛ぶ。


パパだっこ!とおねだりされるが、妻に「パパ疲れてるんだからワガママ言わないの」と窘められる。
「ただいま・・」と言って優しく頭をなででやる。これしかできない・・
本当は2人まとめて抱っこしてやりたい・・・

子供たちはパパが筋ジスということをまだ知らない。
今は言わなくても、いつか必ず知る時は来るし、言わなければならない。

幼いころ、父の帰宅が楽しみだった。
ただいま!の一声と共に玄関に向かって走り、父に飛び込む。
しっかりと受け止められ、抱っこされ、肩車や高い高いをやってくれる。
おねだりしてもしなくても、よくお馬さんごっこや飛行機ごっこなどもやってくれた。
子供心にはとても楽しく、そんな父が大好きだった。

可愛い大切な我が子たち。
この子たちは私が幼いころ経験した楽しいそれを知らない。
本当はやってやりたい。でもできない。。
私の子供たちは普通のパパができる、誰もが普通に経験する楽しいことを、思い出として残してやることができず、成長していく。
悔しい。残念でならない。そして筋ジスがとても憎い。

成長していく我が子たち。
パパが普通のパパとは違う、身体が不自由なパパだと知ったら・・・・
運動会に一緒に参加できないパパだと知ったら・・・・
病気のパパだから一緒に遊べないことになったら・・・・
働けなくなりいつも家にいるパパになったら・・・・

きっとこんなパパでも「大好き」って言ってくれるんだろうな。
あの子たちは優しいから。

こんな身体のパパでごめんね。