最初は左腕の筋力低下が顕著だった。
左手でコーヒーカップを口まで持ち上げるという、誰もが普通にできる動作を自力ではできなくなってしまった。
・・・どうして・・なぜ・・こんなことになる・・・
筋肉や関節の病気なのか?


はじめは家族にも言えず、一人で症状をインターネット検索に没頭する日々。
聞き慣れない名前の病気について一つ一つじっくり読み込む。。
重い病の症例ばかりで気が沈んでいく。

最初は脳の病気を疑った。

ようやく、自分だけで調べる意味はないことに気が付き、そして、脳、脳神経を診ることができる病院へ行った。