昨年暮れあたりから、冷たいものを口に含むと左奥歯がしみていた。
時を経るごとにそれが痛みに変わっていき、いつか歯医者に診てもらおうと思っていたが、待合室のベンチから立ち上がれるか心配・・・・さらに世の中コロナ自粛だし・・・・歯医者へ足を運べなかった。

日に日に痛みが増すとともに、奥歯の穴が大きくなってきた。
完全に虫歯だ。


痛み止めを飲んで様子を見ていたが、夜中まで痛むようになったため、もう限界。

以前行った歯医者に予約するためインターネットで電話番号を調べた。

その時、「訪問歯科診療 ドクターが訪問」のネット広告が目に飛び込んできた。

「訪問歯科って自宅で治療してもらえるやつか?」

自宅から近場で訪問歯科診療ができるところを検索。
いくつか候補が出てきた。

一刻でも早く、歯の痛みから解放されたい。。。

何のためらいもなく早速電話。

奥歯がとても痛むこと
身体障がい者手帳を持っていること
筋ジストロフィーで歯医者に行くのがシンドイこと

これらを説明したら、あっさりと訪問歯科の予約が取れた。
テレワーク期間だったため、時間の融通もしやすかった。

障がいがなくても、歯医者に行けない事情があれば受け付けてくれるとのことだ。

そして待ちに待った訪問歯科当日。
歯科医師と2名の助手、計3名が来てくれた。

治療について歯科医師から説明を受けている間に、2人の助手が旅行カバンくらいの折りたたみできる機材を組み立てていた。

内心では「簡単な治療しかできないだろうな」と思っていたが、院内とほぼ同じ治療が可能とのこと。
レントゲンまで可能だという。。。

初日ということもあり、痛みを止める治療のみで歯を削ることはなかったが、次回は自宅でレントゲンを撮って、本格的な治療を開始することになった。

一体、どうやってやるのだろう・・・

興味と恐怖が半々だ。