大好きなモンハンとのコラボイベント。
これは楽しめないわけがない。

ちょっと残念なのはXXシリーズだということ。
個人的に一番ハマった2Gを期待していたが、大人の事情だろう、任天堂ハードから出ているタイトルが採用された。

やはり目玉はコラボ期間限定のキャラとドラゴンだ。
モンハン好きとしては何としても引いておきたい。

今回のイベントは2部構成。
それに伴い、ガチャもPart1、Part2と分けており、限定キャラとドラゴンの排出も異なる。

Part1ではモンハンコラボバージョンの限定キャラ ベルザークとヴァネッサ、ドラゴンは伝説の黒龍ミラボレアス。
え?ミラボレアス出しちゃっていいんすか?と思うほど私的にサプライズだ。

そしてPart2ではモンハンコラボバージョン限定のシーリス、ドラゴンは黒炎王リオレウス。
普通のリオレウスとは比べ物にならないくらい強い、二つ名のリオレウスだ。

欲を言えば全部ほしいが、爆死芸が板についている私には無理な望みだ。
でも諦めるのは良くない。
つい最近、正月限定ガチャで神引きした実績がある!

そんなことを考えつつも、ガチャを引ける石とチケットは限られている。
次のイベントはバレンタインで、これもまた期間限定のガチャがある。

たかがゲームのガチャといっても、戦略を練って臨ばねばならない。

作戦はこうだ

Part1のガチャは無料10連分だけ回す。それ以外は一切引かない。我慢我慢。
Part2のガチャが始まってすべての限定キャラとドラゴンの性能を見定めた上でぶん回す。

そして重要なことは撤退ラインを決めておくことだ。

限定キャラ・ドラゴンでも性能によってはエンドコンテンツの真竜の試練やアギト叛逆戦に連れていけない可能性がある。
そうなると無理してまで確保する必要がなくなる。
キャラ愛があっても活躍できる場面がないと単なる宝の持ち腐れだ。

今回のガチャで、私的に何としても引いておきたいのはシーリスだ。

なぜなら、私のアカウントには有用な水キャラが少ない。
リリィも教官もタイコウボウもフェスフィリスも、おらん。
真ブリュンヒルデの試練超級を周回するときは、未だに★4キャラのセイナーさんに頼っている始末。
だからこそ、ここでは何としてもシーリスだけはお迎えしたい。

撤退ラインを決める上でもうひとつ条件を設定しておく必要がある。

それはガチャを回すための石=竜輝晶の残数を決めておくことだ。
今回のガチャを回す前は単発チケット約50枚、10連チケット2枚、竜輝晶約24000個を保有していた。
すべてガチャに投じた場合、270回ガチャを回せることになる。
ドラガリのガチャ仕様上、先に単発チケットから消費して確率を上げて10連チケットを消費したあとに竜輝晶で10連ずつ回していくことになる。

次の限定イベントのことを考え、竜輝晶4000個は残しておきたい。

つまり、私の撤退ラインは
シーリスを引けなくても竜輝晶の残りが4000個になったところで撤退する。
もし竜輝晶の残りが4000個にならなくてもシーリスを引けた時点で今回の限定ガチャはもう回さない。
すぐにシーリスを引ければ残りの余力を他の限定キャラやドラゴンに振り向ける。
そして、あわよくば全種コンプ!


今回のガチャ結果は・・・・


Part1では無料10連期間中、ベルザークとヴァネッサをゲット
Part2では・・石の残数約5000個のところでやっとシーリスをゲット

キャラはコンプできた!

これで撤退!

運よくPart1でベルザークを引けたから黒炎王リオレウスは欲しかった。。。

結局、Part2を240連回して★5はシーリス、ネファリエ、メリィベル(火Ver)×2、リヴァイアサン×3・・・
ネファもメリィもリヴァも持ってるし・・・

限定を餌に恒常キャラを同時に確率ピックアップって悪手だよなー
最高レア排出の確率は悪くないのに、真キャラやドラゴンが恒常ピックアップにブロックされてしまっている。

最高レアが出やすいと錯覚すると沼にハマるだろう。


ミラボレアス、黒炎王リオレウス、、優秀な性能のドラゴン且つ、限定だからここで引いておかないと
後悔しそうだけど、今回はガチャ戦略通りに撤退が正解の予感がする。