もはや年末行事と言い切れるくらい浸透している忘年会。
毎年事務方が会場を手配しているのだが、今年は他部門の新入社員が幹事を担当することになった。

私は筋ジス。
立ち上がるのに苦労するお座敷は大の苦手。

新入社員が担当すると聞いたとき、お座敷のお店になる予感がしたため、事前に椅子席のあるお店にしてほしい要望を出しておいた。

だがしかし・・・

忘年会案内の回覧が回ってきたとき、愕然とした。

なんと、会場はお座敷、しかも典型的な和式のかなり低いテーブル。

「これ絶対ダメなやつじゃん!立ち上がれないぞ」

後で聞いた話だが、忘年会直前に会場手配をしたため、良い店の予約が取れなかったようだ。

着座すると立ち上がれそうにない・・・

私にとってこれは大問題だ。

今回は欠席の欄に〇印を書いて提出。。
が。。。
同期「わたまー、逃げるのか!欠席は認めんぞ」
私「ええ・・・」
同期「腰にベルト付けてこい。立ち上がらせてやるから心配すんな」


私は忘年会が大嫌い。

だけど、仲間と楽しく飲み語らうのは大好きだ。

そうだ。

大嫌いなのは忘年会のことではなく、

会場に行く道のりがキツイ
帰りの道のりがキツイ
席から立ち上がって頻繁にトイレに行くことがキツイ
3本締めができないから恥ずかしい

これらが嫌なだけなんだ。

逆に言うと、これらが回避できればむしろ忘年会は大好きになる。

今年の忘年会は直近の行事のなかで最高に楽しかった部類に入る。

会社の車でお店に横付け下車
帰りは妻が車でお迎え
立ち上がりは同僚たちがサポート
トイレから戻って来た時すでに3本締め終了

周囲に多少のお手数をかけてしまうところは申し訳ないが、肉体的、精神的にとても楽だった。

宴会の締め、3本締めはたまたま運よくトイレに行って回避できたが、毎回こういうわけにはいかないだろうな。

それにしても、また無事に年末を迎えることができた。

この一年、こんな私にたくさんの手助けをしてくれた会社の人たち、家族、友人たち、本当にありがとう。

来年の今頃も変わらず、筋力を維持できるといいな。