夏季休暇。
家族と一緒にズーラシアへ。
ここは、バリアフリーのエリアが多く、激しいアップダウンも少ないがとても広い。
筋ジスが発症してから間もない頃は何とか歩き通せたが、今はとても難しい。
無理すればできないわけではない。
しかし、無理したところで病気が悪化することは確実。

車いすを利用するには様々な葛藤があった。

周囲の目が気になる
炎天下、妻は車いすをおしつづけられるのだろうか
車いすの夫を妻はどう思うのか
車いすを利用しているパパを子供たちはどう思うのか

でも、子供たちを楽しませてやりたい!

妻とよく話し合い、
「何をくよくよ考えているの!堂々としていればいいじゃん!今のうちに練習しておいた方がいいよ」
と、背中を押され車いす利用を決めた。

事前に車いすを予約しようとズーラシアの受付に電話したが、常時30台以上あるから予約の必要はないとのこと。

当日、ドキドキしながら入口へ行ったが、あっさりと手配され流れに任せて着座。

それを見た子供たちは大はしゃぎ・・・

パパの車いす押し係りを取り合い・・・

動物より車いすに興味があったようだ。。。

熱中症に気を付けながら半日過ごした。

予想外。
3分の1は子供たちが押してくれ、妻の負担も減らせた。

結果として、車いすには大満足。
当たり前だが、足腰の負担はほとんどない。

一度乗ってしまうと、恥ずかしい気持ちや周囲の目線や家族の気持ちなど葛藤していたものはウソのように吹き飛んだ。

帰りの車中、疲れたんだろう・・バックミラー越しの家族の寝顔を見ながら

「なるようにしかならない。」
と声に出して自分に言い聞かせた。

次はディズニーランドだ!
電動車いすや電動カートを利用できるから、家族の負担も減らせるな。