私は歯医者さんがキライ。
痛いし、ツンとくるような独特な薬品の匂いは恐怖心を煽る。

幼いころ、ミルキー飴をかじって歯の詰め物が取れて、歯医者へ直行した記憶がよみがえる。
歯の詰め物だけを治してくれると思っていたが、他の歯に虫歯が見つかり結局何度も通う羽目になってしまった。

最近、子どもからミルキーをもらった。
「ミルキーは危険。かじってはならない・・」

細心の注意を払っていたが、つい出来心で

「久しぶりにちょっとかじってみるか・・・」

「ヴっ!!!」

もうアホかと。。。

お約束のオチのように、案の定、奥歯の詰め物がはがれてしまった。。。

奥歯にぽっかり大きな穴。
水を飲むとズキンっと痛む。

もう何年ぶりだろう。早速歯医者さんへGO。

そして、またまたお約束のように虫歯を3ヵ所発見。
治療のため通院することになってしまった。

幼いころと重なる体験。

ただ、そのころと大きく違うのは、オッサンになったことと、筋ジストロフィーだということ。

歯医者の待合室のソファーから立ち上がるとき、
歯科治療イスから立ち上がるとき、

あのころと違いとっても苦労する。

それと、完全に盲点だったことがあった。

先生「じゃ、これから虫歯の治療をしますね~」
先生「筋ジストロフィーだからね~ 今回は麻酔を使用できないですからね~」
先生「痛かったら左手挙げてくださいね~」

心の声「マジかよ!!聞いてないよ!!」
心の声「イテ!!マジで痛い!!左挙げられないんだよ!!ヤバいよこの状況!!」

先生「ハイ終わりました~お疲れ様です~」
先生「麻酔なしで頑張りましたね~」

私「あ、ありがとうございました・・・」

麻酔なしの治療は本当にツライ・・・

後でわかったことだが、
麻酔や鎮静剤は心臓に負担をかけるらしい。
筋ジスだと心筋が弱くなっている可能性があるため、万が一のことを考え使用を控えたとのことだ。

使用する麻酔薬の名称を歯科医に書いていただき、筋ジスの主治医に相談。

使用しても問題がないことを確認。
その説明を手紙に記していただき、歯科医へ渡した。

これにより、次回から麻酔を使用した治療は可能になったが、筋ジスだと気軽に歯医者へ行くとどうなるのか・・・とても良い経験をした。

それにしても治療はいつ終わるのやら。

まぁ、担当の先生は若い美人さんだからなー
マスク越しだとさらに美人に見えるんだよなー
ついでに虫歯も治るし

オラわくわくすっぞ!