筋ジスとふつうのはざまで

顔面肩甲上腕型筋ジストロフィー。 現在も進行中。 筋ジスと闘いながら現役のサラリーマンを続けています。

障害を負っても無理なく働ける道を模索・実践しています。

ご助言、ご質問等ございましたら、お気軽に下段からコメントをください。
情報は公開されることはありませんので、メールアドレスもお送りいただければ後日返信いたします。
※コメントは非公開ですのでご安心ください。

よろしくお願いします m(_ _)m

2週間ほど前から、太ももに筋肉痛を感じる。
特に右太ももは、立ち上がったり階段をのぼるときに、激痛まではいかないがそれに近い痛みを感じる。
激しい運動は一切行っていないにもかかわらず。続きを読む

新型コロナウィルスの感染拡大防止策として、当社でも交代勤務とテレワークを実施。
事務方の私は自宅で仕事をする機会が増えた。

通勤負担がない分、とても気が楽な一方、事務処理に必要な資料が不足気味であるため、思うようには捗らない。

続きを読む

新型コロナの影響により、テレワーク日数が増え、自宅にいることが多くなった。
暇というわけではないが、会社に拘束される時間が激減したことにより、自分に費やす時間が増えた。

その時間をラストクラウディアというゲームに充てていたが、何か違和感を覚える。

大抵の場合、新しいゲームをはじめるとワクワクするが、このゲームについてはそのように感じない。

別にこのゲームが、つまらないというわけではない。
続きを読む

GWが明けてもテレワークが解除されないわが社。
政府の非常事態宣言は継続することになり、大口の取引先も輪番休業を継続するから仕方がない。

一見、感染予防を重視しているすばらしい企業のようだが、内情は穏やかではない。

会社の収益や資金はともかくとして、製造現場から不平不満が出ている。


続きを読む

3月までは通常通り受注が入っていたため、新型コロナの影響も限定的との見方をしていたが、
4月に入り状況が一変した。

政府の緊急事態宣言や首都圏の外出禁止措置により、不透明だった自粛モードに一石を投じたのだろう。
取引先も一斉に輪番休業を実施し始めた。

当社のような下請け企業は、取引先の動向次第で方針を変えていかなければ生き残れない。

続きを読む

↑このページのトップヘ