筋ジスとふつうのはざまで

顔面肩甲上腕型筋ジストロフィー。 現在も進行中。 筋ジスと闘いながら現役のサラリーマンを続けています。

障害を負っても無理なく働ける道を模索・実践しています。

ご助言、ご質問等ございましたら、お気軽に下段からコメントをください。
情報は公開されることはありませんので、メールアドレスもお送りいただければ後日返信いたします。
※コメントは非公開ですのでご安心ください。

よろしくお願いします m(_ _)m

前回の続き

買って2年も経っていない何千万円もする設備に新型機が発売された。
性能が大幅にアップしているため、営業や製造側は買い替えたい。
しかし、管理部門、とりわけ会社の財政部門は大反対。

私はその部門の管理者であるため、本来であれば反対する側の人間だ。

しかし、会社を取り巻く市況、外部環境を考えると、余力があるうちに未来へつながる投資は積極的にするべきである、と考えている。続きを読む

前回の続き

普段は仲の悪い営業と製造。
それもそのはず。
営業が苦労して受注を取ってきても、製造は不良率を理由に納期調整として営業に投げ返す。
クレームや納期調整でお客に怒られる営業。
営業が生産性や良品率向上を要求してもなかなか成果を出せない製造。
決して製造部門が怠けているわけではないのだが。

続きを読む

上司「わたま君、この稟議書、ハンコ押してるけど大丈夫なのか?」
私「会社にとって必要と信じています。経営判断をお願いします。」
上司「いや、そういうことではなくて、君の部門は猛反対していただろ。コンセンサスは得ているのか?」
私「そ、それは・・・」


続きを読む

足腰の筋力だけで椅子やソファーから立ち上がることができなくなるくらい、筋力は衰えている。
病気が確実に進行している分、時の経過に比例して転ぶ頻度は増しているが、ここ最近、全く転んでいない。

職場でサンダルが壊れて転倒して以来、一度もない。

あれから3カ月ほど経ったが、転びそうになったことも記憶にないくらい、安全に過ごせている。

続きを読む

筋ジスの影響で長距離の歩行が辛くなりつつある中、今のうちに自分に合った電動車いすを探すことが最近の日課。

電動車いすといっても、何でも良いわけではない。



続きを読む

↑このページのトップヘ